この記事はこんな人におすすめ

ついつい練習を頑張り過ぎて体を痛めてしまう
今まで平気だった動作に少しずつ痛みや違和感を感じている
習慣的な運動をしているけど、このまま続けて故障しないか心配

1.オーバーユースとは

オーバーユースとは直訳すると使い過ぎです。大きな力が加わって起こる怪我(骨折や靭帯損傷等)を起こすほどではありませんが、小さな損傷の繰り返しで徐々に痛みが出てきて慢性化する事をオーバーユース症候群と呼びます。
ここで少し考えていただきたいのですが、激しい運動をしなければダメージはないのでしょうか?日常生活レベルの動作ではダメージはないのでしょうか?答えは簡単で、全ての動作に大なり小なりダメージがあります。先ほどの問いかけを言葉を変えてまとめると、「動くときに全く負荷がかからない動作ってあるのでしょうか?」ということになります。ありませんよね。

2.体が受けるダメージ

関節や筋肉等へのダメージはスポーツやトレーニング等で体を追い込んでいる方に発生するイメージがあります。しかし、実際は普通に日常生活を送っている方でもオーバーユースを起こす可能性があります。体に蓄積するダメージと故障のイメージはこんな感じです。

勘違いしがちなポイントですが、どんな軽い動作でも極わずかにダメージを負っています。激しい運動をしていても全く故障しない人もいれば、一般的な生活をしていて運動習慣がなくても故障する人もいます。となれば、自分の耐久力や回復力が行動によるダメージに勝っているかどうかという点を考える必要があるわけです。

2-1.スポーツやトレーニングにおけるオーバーユース

部活や習慣的な運動では、投げる・打つ・振る・走る・跳ぶをはじめとして、日常生活に比べて1つ1つの動作の負荷が高い傾向にあるだけでなく、可動域ギリギリで力を使うような無理のある動作もあります。そして、こういったダメージが大きい動作を反復して行うことになります。

負荷の分散を行えないフォームで運動していると、特定の部位に負荷が集中・蓄積してオーバーユースに繋がります。また、フォームが良かったとしても、自身の体の耐久力や回復力を超えてしまえばオーバーユースが発生します。

2-2.日常生活におけるオーバーユース

いわゆる運動に比べると動作の負荷は低い傾向にありますが、簡単な動作でも力を適切に使えなかったり、姿勢が悪ければ、ちょっとしたダメージが特定の部位に集中・蓄積することになります。

姿勢や動作の症状で例をあげると、四十肩・五十肩・巻き肩の方は腕を持ち上げる動作そのものが崩れている(肩甲帯周辺の筋力制御に問題がある)ことが多いです。腕を上げるときに、三角筋と僧帽筋上部ばかり使うと肩を壊しやすいので気を付けましょう。
猫背・反り腰・ストレートネックの方は物を持ち上げる・しゃがむ・立つ等の動作が崩れている方(体幹部、特にインナーマッスルの制御に問題がある)ことが多いです。筋力で支えるべきポイントで、背骨に負荷を肩代わりさせていると上半身の姿勢が崩れやすいので気を付けましょう。

3.ダメージを減らすには

一言でいうと、「状況に応じて筋力をコントロールする」ことがダメージを軽減する方法です。筋力をコントロールした結果が姿勢や動作なので、意識的に使いたい力を使えるようにするという事が重要です。こうやって書くと少年漫画のキャラクターみたいに聞こえますね。

意識的に力を使うには、どこに・どの程度力が入っているかを自覚する必要があります。このように自分の体の内側で起こっている変化を感じとる能力を「内観」と言います。内観する力を高めて、ひとつひとつの動作に自覚的になり、そこにある違和感に気づき、より効率の良い動作に修正すれば、自然と体が楽になっていきます。これが途方もない作業だと思った方はとてもセンスが良いと思います。それだけたくさんダメージが発生しているかも…ということを自覚できている証拠なので。全部を直さなくても良いので、目立つ症状からひとつずつ目を向けてみてはいかがでしょうか?

コア・ブリージングは、内観や筋力の制御といった能力を高めるトレーニングなので、日常生活でもスポーツでも役に立つ内容となっています。お困りの方はお問い合わせいただくか、一度運動教室の体験をおすすめします!

—–Dojoの運動教室—–

〇パルクール定期教室

岡崎シビコ、ウイングタウン、知立市上重原町で開催中!

〇コア・ブリージング定期教室

呼吸と動作を鍛える新感覚のエクササイズ。岡崎シビコで開催中!

〇姿勢改善・動作改善・その他パーソナルトレーニング

月・火・木・金・日の希望時間で対応します。

※レッスンまたはイベントがない時間に限ります。